愛知県立丹羽高等学校同窓会

同窓会会長挨拶

同窓会会長を務めさせていただいております4回生の堤善昭と申します。どうぞ宜しくお願い致します。

 

丹羽高校は2023年には創立50周年を迎えます。そして同窓会にとっては、2026年に半世紀の大きな節目がやって参ります。現在、既に卒業生は約15,000名となり、日本全国、そして世界の各地で、あらゆる分野において同窓生が活躍しています。
私たちそれぞれの人としての器は、周りのどれだけ多くの方がサポートしてくれるか、ということで決まってくると思います。一人では解決できないことも、周囲の人たちの力添えで道が開けていくことも多くあります。その為には、常に多くの方々とのつながりを大切にしていくことが重要であると考えます。同窓会もそのような人的ネットワークを広げて行く場にしていきたいと願っております。母校が同じであるということは、それだけで安心感を持てるものであり、また良き関係づくりのきっかけと成り得ると信じております。

 

毎年、8月10日に犬山の臨江館にて、同窓会総会および懇親会を行っています。
この日は、ちょうど犬山の花火大会の日でもあり、食事をしながら木曽川で打ち上げられる花火を、目の前で堪能していただけます。また温泉も楽しんでいただく事ができます。 多くの同窓生、またお世話になった先生方も参加されますので、世代を超えた同窓生とも交流できる貴重な機会です。
是非、皆さん積極的に御参加下さい。詳細は随時同窓会ホームページ等でお知らせいたします。

 

また同窓会ホームページおよび同窓会のfacebookのグループ&ページも皆さんの情報発信や交流の場として大いに活用していただいきたいと望んでおります。同窓生の皆様のご協力のもと、50周年に向けて同窓会の益々の発展と、同窓会会員の皆様の更なるご多幸とご健勝をお祈り申し上げて、私の御挨拶とさせていただきます。

ページのトップへ