愛知県立丹羽高等学校同窓会

校長のあいさつ

「活気ある丹羽高校に」

愛知県立丹羽高等学校 

校長  野々垣 晴邦 

 

 同窓会の会員の皆様方におかれましては、日頃から、母校の教育振興と在校生の激励に特段のご理解とご後援を賜り、厚くお礼申し上げます。

 私は、本年4月から丹羽高校の校長に着任いたしました、野々垣と申します。昨年度まで、小牧高校で三年間校長として勤め、今年度、転勤して参りました。丹羽高校でも一所懸命に勤めさせていただきますので、高木前校長先生同様、よろしくお願いいたします。

 丹羽高校は、同窓会の皆さんも御存知の通り、創立された当初から、学習に部活動に学校行事にと、バランスよく取り組む学校として、着実に教育活動を進めて参りました。現在の生徒諸君もそのような校風をよく理解し、様々な活動にしっかり取組み、「知・德・体」を成長させていってくれています。

 同時に、様々な時代の価値観の変化や、教育制度の変化に柔軟に対応してきているのも、丹羽高校の強みです。この40年余りの間、大学入試制度や高校入試制度は、様々な変更が重ねられています。地域では、尾張北部地区に多くの高校が新設されました。また、学校の担う役割として、カウンセリングなどの教育相談の機能強化が図られ、道徳教育、キャリア教育、主権者教育など様々な取り組みが求められてきました。丹羽高校はこれらの変化に着実に対応し、学習指導、進路指導、生徒指導の充実を図りつつ、地域の信頼をいただいてきております。

 このように本校を取り巻く状況は常に変化していきます。その中で私たちは、守っていくべきものはしっかり守り、また変えていくべきことには迅速に対応し、これからも生徒諸君が、学習でも部活動でも学校行事でも、一生懸命打ち込めるような環境作りをしていきたいと思います。そして、同窓会の皆様と私どもが、手をとりあって丹羽高校を発展させていきたいと思っています。どうぞよろしくお願いいたします。

ページのトップへ